ファッション

一生モノの財布はどれ?シンプルな大人向けブランドおすすめ11選|メンズ

wallet mens

数ある財布の中から、お気に入りの財布を選ぶのは本当にむずかしいですよね。

どんなデザインがいいの?どんな素材がいいの?おすすめブランドは?

そんなお悩みを解決できるよう、この記事では財布の選び方とおすすめブランドをご紹介していきます。

おすすめするのは、シンプルにこだわった大人向けブランドが中心です。

プレゼント選びにも、”ハズさないブランド“としておすすめしますので、ぜひご活用ください。

愛着をもって長く大切に使える「一生モノの財布」を見つけられる参考になれば幸いです。

財布の種類

まずは財布の選び方から。

財布の形状は大きく、

  • 長財布
  • 二つ折り財布

に分けられます。

これ以外にも、マネークリップや純札入れにコインケースを持ち歩く、なんて方もいると思いますが、そんな方にも参考になるようご紹介していきます。

それぞれの財布の特徴をみていきましょう。

長財布の魅力
  • 高い収納力
  • ラグジュアリーな存在感
  • 豊富なデザイン

一番の魅力は、やはり圧倒的な収納力の高さですね。

いつも現金やカードをたくさん持ち歩きたい方、出かけるときはつねにバッグを持っている方には長財布がおすすめです。

そして長財布はデザインがシンプルなものでも、とてもラグジュアリーにみえるのも魅力の一つです。

また長財布の種類には、一般的なかぶせ蓋タイプのほかにもファスナータイプ(L字やラウンドジップ)のものなど、デザインや種類が豊富なのも魅力です。

よって、自分の気に入るデザインが見つかりやすいと思います。

二つ折り財布の魅力
  • 携帯性の高さ
  • 取り回しの良さ
  • スマートな見た目

一方で二つ折り財布の一番の魅力は、携帯性の高さですね。

財布をポケットに入れたい方、出かけるときはバッグを持ち歩かない方は携帯性の優れた二つ折り財布がおすすめです。

また使いたいときは開いてすぐ使える、取り回しの良さも魅力の一つです。

キャッシュレス化が進んでいる海外では、実は二つ折り財布が主流のようです。

むしろ日本のように治安の良い国以外では、現金やカードの存在がわかる”財布”は、あえて持たないという人も多いようです。

そして、最近は二つ折り財布より一回り小さい、手のひらサイズのコンパクト財布も人気となっています。

mini wallet
主流はミニ財布?シンプル高機能なコンパクト財布10選|メンズコンパクト財布の魅力とおすすめの商品をご紹介します。...

では”長財布”と”二つ折り財布”のどちらを選ぶべきか?

自分のライフスタイルに合わせる

はっきりとした答えにはなっていませんが、

  • バッグを持つ派 → 長財布
  • バッグを持たない派 → 二つ折り財布

ぐらいの感覚で選んでもいいと思います。

財布の素材

財布の素材は、大人の男性(30代~)が持つ財布と考えると皮革(レザー)素材がおすすめです。

おすすめといいますか、皮革(レザー)一択といえるでしょう。

“ビジネスマンだからレザー”という理由ではなく、”大人万人向けにレザー”がおすすめということです。

では、なぜレザーなのか?これから説明していきます。

財布として使用される皮革素材には、「牛革・馬革・羊革」といった代表的なものから、「ワニ革・蛇革・トカゲ革」などといった”エキゾチックレザー”と呼ばれるものまで、たくさんの皮革が存在します。

素材によって見た目や質感(触り心地、硬さや柔らかさ)はそれぞれ違いますし、使い込んでいくとまたそれぞれ違った変化(エイジングといいます)が出てきます。

結果的に、

  • 丈夫で長く使え、使い込むほど味が出る
  • 使い方や手入れの仕方で、自分だけのオリジナルな財布になる

これが皮革素材でできた財布の最大の魅力だと思います。

ではその皮革素材の中から、どんな素材を選べばいいのか?

素材として使われることが多い代表的な皮革をいくつかまとめておきます。

牛革
  • カーフスキン(生後6ヶ月以内の子牛)
  • キップスキン(生後1年以内の子牛)
  • カウハイド (生後2年を経過した雌)
  • ステアハイド(生後2年を経過した雄)

牛革は、革素材の中では最もポピュラーな素材で、財布に限らず靴やバッグなど幅広いアイテムに使用されています。

若いカーフは成牛に比べきめ細やかで美しくキズも少ないのが特徴で、”上質な牛革“として高級バッグや高級靴に取り入れられています。

一方で成牛のカウ・ステアは丈夫で長持ちするため、一般的な牛革として幅広く取り扱われます。

このように、牛の性別や年齢によって素材の名称や質感、ランクが異なるのが牛革の特徴です。

(素材イメージ)
cowhide-material

馬革
  • コードバン(臀部)

全体的に荒い素材である馬革は、ソファや椅子などの家具製品として用いられることが多い一方で、臀部(お尻部分)の革はコードバンと呼ばれ希少性の高い皮革です。

主に、高級革靴やランドセルなどに使用されます。

コードバンは牛革よりも丈夫で、高級感のある美しい光沢が特徴です。

(素材イメージ)
cordovan-material

ワニ革
  • クロコダイル

特徴的な凹凸模様のワニ革は、皮革素材の中では最も高級といわれる皮革です。

ワニ革の素材にはアリゲーターやカイマンなどがいますが、クロコダイル(イリエワニやナイルワニ)の革が一番高価な素材とされています。

高価であるがゆえに、素材にクロコダイル型の型押しをほどこした、”クロコ型押し”という加工も存在します。

本革(主に牛革)に加工されたものであれば価値としては高いのですが、中にはビニールが使われている素材もあるので、購入の時は注意して選ぶ必要があります。

(素材イメージ)
crocodile-material

皮革加工とタンナー

これまで皮革素材について説明してきましたが、そもそも皮革素材の「皮と革」はいったいどう違うのでしょうか?

「皮」は動物の皮でいわゆる「原皮(skin)」といわれるものです。この原皮から、製品となる素材の「革(leather )」にするには、鞣し(なめし)といわれる皮の加工作業が必要です。

実はこの”鞣し加工”が製品になるための非常に重要な工程となり、鞣しで皮革製品の価値が決まると言っても過言ではありません。

この重要な加工作業をするのが、“タンナー”と呼ばれる、職人(職人を抱えている企業)です。

「高級ブランド◯◯は、老舗タンナー◯◯社のレザーを使用している。」

なんて聞いたことがありませんか?

ブランドやメーカーは、これらのタンナーで加工された「革」を使って製品にしています。つまりどんな高級ブランドでも、仕入先であるタンナーの加工が一流でないと、一流の皮革製品とはいえないということなんですね。

そういう意味ではブランドだけでなく、どのタンナーの革を使っているのかということも、皮革製品を選ぶ大きなポイントになるわけです。

ではどんなタンナーの革がいいのか?

世界にはいくつものタンナーが存在しますが、世界的にも有名なタンナーは数十社程度で、さまざまな有名ブランドが集まるイタリアやフランス、イギリスなどに多く集中しています。

有名なタンナーをいくつかご紹介しておきます。

フランスのタンナー
  • デュプイ社(Tanneries du Puy)
    1946年に誕生した、高級カーフスキン製造で有名な世界最高峰と称されるタンナー。資本提携を結んでいるエルメスをはじめ、一流ブランドの皮革製品に採用されています。

  • アノネイ社(TANNERIE D’ANNONAY)
    1984年に、デュプイ社から独立して設立したタンナー。革を鞣すのに最適な環境に恵まれる中、伝統の技法と最新の機器を駆使して生み出される高級カーフは世界中で絶賛されています。
  • TANNERIE D'ANNONAY

イギリスのタンナー
  • セドウィック社(Sedgwick)
    1900年に創業した、高品質の革を提供し続ける英国名門のタンナー。特製のワックスを塗り込ませたブライドルレザーを作れるのはこのセドウィック社含め、数社のみと言われています。
  • ベイカー社(J&FJ Baker)
    英国で唯一残っているオーク樹皮なめしを行う伝統的な製法を継承するタンナー。靴、インテリアなど、さまざまな革製品に最高品質で最も耐久性のある革を製造しています。中でも靴のソール用レザーは世界最高品質と評され、数々の高級靴ブランドで使用されています。
  • J&FJ Baker

ドイツのタンナー
  • ワインハーマン社(Weinheimer)
    150年の革製造の伝統と歴史を持つ、フロイデンベルクグループから独立し製法を受け継いだワインハイマー社。
    最高水準のカーフレザーを提供し、世界中の高級ブランドから高く評価されています。中でもボックスカーフは有名で、オリジナルのフロイデンベルクの方法と技術に従って製造され続けています。
  • Weinheimer

イタリアのタンナー
  • イルチア社(ILCEA)
    1930年代に設立し、最も厳しい顧客の要求を満たすために適切な機械を備え、熟練の技術で最高級のレザーを製造しています。
    中でもミュージアムカーフは、世界最高峰の靴ブランドである「JOHN LOBB」のために開発したレザーとして有名です。
  • ILCEA

上記タンナーは、歴史と伝統のある名門タンナーで、実際に高級ブランドにも採用されています。

ブランドによっては、使っている革のタンナーを公開したり、〇〇社の革を使っていると推している商品もあるので、”選ぶ基準”として考えるのも一つだと思います。

ここまで海外のタンナーをいくつかご紹介しましたが、実は日本にも300あまりのたくさんのタンナーが存在します。

中でも、兵庫県姫路市には国内タンナーの約30%が集中しており、皮革産業発祥の地として知られています。

日本で唯一コードバンを生産する「新喜皮革」や、「オールマイティー」などが有名です。

また姫路市以外でも、ヌメ革で日本一の品質といわれる「栃木レザー」や、ランドセル用の皮革国内トップシェアを誇る「宮内産業」は、日本のみならず世界中で認められているタンナーです。

タンナーによっては工場見学もできるようなので、気になる方は見に行ってみてはいかがでしょうか。より皮革製品に対する知識が深まると思います。

ご参考:日本革市(日本タンナーズ協会)

定番のハイクオリティブランド7選

ここからは、そんな有名タンナーの素材も採用しているおすすめブランドをご紹介していきます。

まずは業界の中ではいわゆる”定番なブランド“として位置づけられる、質にこだわったブランドです。

この中から選べば間違いない商品が見つかるはずです。

ETTINGER
ETTINGER
     ETTINGER(エッティンガー)は、1934年に誕生したイギリスの高級レザーブランド。英国御三家の一つとも言われ、ロイヤル・ワラント(英国皇室御用達)の栄誉を授かった名門ブランドです。
     伝統の技術と独自にこだわったブライドルレザーにより、手に馴染みやすい厚さを実現。エッティンガーならではのエイジングが楽しめます。中でも、パープルカラーのロイヤルコレクションは非常に人気が高いです。

    【NC】COIN PURSE

    ettinger NO CORNERS
    • NO CORNERSシリーズ
    • 内側にも贅沢にレザーを使用
    • 上質なブラックカーフレザー

    【CP】ROUND ZIP PURSE

    ettinger cp
    • CAPRAシリーズ
    • 上質なゴートレザー(山羊革)使用
    • 高い収納力

    【ST】ROUND ZIP PURSE

    ettinger【ST】 ROUND ZIP PURSE
    • スターリングシリーズ
    • 豊富なカラーバリエーション
    • 高い収納力

    出典:ETTINGER

    参考価格帯:38,500円~83,600円
    原産国:イギリス
    ※商品詳細や最新モデルは、販売サイトおよび公式サイトにてご覧下さい。

    販売サイト公式ページ

Whitehouse Cox
Whitehouse Cox
     Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)は、1875年にイギリスで創業。以来、高品質なレザーアイテムを作り続けている名門ブランド。1エッティンガーと共に、英国御三家の一つと言われています。
     使用する代表的な革は、有名タンナーが鞣す最高グレードのカウハイドで、強く耐久性のあるブライドルレザー。セレクトショップや百貨店での取り扱いもあり、比較的入手しやすいブランドです。

    S7532 COIN WALLET

    whitehouse cox COIN WALLET
    • REGENT BRIDLE使用
    • キズや皺などが目立ちにくい
    • ベストセラーモデル

    3FOLD WALLET

    whitehouse cox 3FOLD WALLET
    • 人気ナンバーワン財布(3つ折り)
    • 最高グレードのカウハイド
    • 高い収納力

    S2622 LONG ZIP WALLET

    whitehouse cox LONG ZIP WALLET
    • スイスriri社のジッパー採用
    • 豊富なカラーバリエーション
    • 高い収納力

    出典:FRAME

    参考価格帯:35,000円~85,800円
    原産国:イギリス
    ※商品詳細や最新モデルは、販売サイトおよび公式サイトにてご覧下さい。

    販売サイト公式ページ

Dunhill
Dunhill
     Dunhill(ダンヒル)は、1880年に英国ロンドンで創業した高級ファッションブランド。もともと馬具を専門に製造するブランドでしたが、1893年に経営を引き継いだアルフレッド・ダンヒル氏が事業を多角化し、成功させました。現在ではスーツ、カジュアルなどの衣類を中心に、バッグや財布などのレザーアクセサリなど、男性向けファッションアイテムを展開しています。
     ブランドとしてはダンディなイメージが強いですが、ラインナップの”デュークコレクション”や”カドガンコレクション”はカラーバリエーション豊かでモダンなラインとなっています。現在は、フランスのカルティエやドイツのモンブランなど、多数のラグジュアリーブランドを所有するスイスのリシュモングループの傘下です。

    4CC&コインパース ビルフォード

    dunhill デュークコレクション
    • デュークファインレザーコレクション
    • グレインゴートレザー使用

    4CC&コインパース

    dunhill カドガンコレクション
    • カドガンコレクション
    • カーフレザーを使用

    10カード コートウォレット

    dunhill デュークコレクション 長財布
    • デュークファインレザーコレクション
    • 上質なゴートレザー(山羊革)使用
    • 高い収納力

    出典:dunhill

    参考価格帯:45,000円~123,000円
    原産国:イギリス
    ※商品詳細や最新モデルは、販売サイトおよび公式サイトにてご覧下さい。

    販売サイト公式ページ

SMYTHSON
SMYTHSON
     SMYTHSON(スマイソン)は、1887年ロンドンでフランク・スマイソンによって創業したステーショナリーブランド。ステーショナリー以外にもパスポートケース、カードケースにバッグなどトラベル関連のアイテムも多く生産しています。実際にはレザーグッズが多い。
     英国王室御用達の証、ロイヤルワラントを持ち、歴史や伝統に基づく信頼感もさることながら、モダンなデザインでタイムレスなコレクションは世界中で人気を博しています。上質なレザー小物の評価も著しく高いスマイソン。素材は上質なカーフ素材がメインです。カラーバリエーションも豊富なので見ているだけでも楽しくなります。

    コンチネンタルウォレット

    smythson パナマコレクション
    • Panamaコレクション
    • 耐久性のあるクロスグレインレザーを使用
    • IDカード用透明ポケット付き

    6カードウォレット

    smythson バーリントンcollection 二つ折り
    • Burlingtonコレクション
    • ディアスキンとカーフレザーを使用

    ジップウォレット

    smythson バーリントンcollection
    • Panamaコレクション
    • 耐久性のあるクロスグレインレザーを使用
    • 高い収納力

    出典:SMYTHSON

    価格帯:28,000円~55,000円
    原産国:イギリス(イタリア)
    ※商品詳細や最新モデルは、販売サイトおよび公式サイトにてご覧下さい。

    販売サイト公式ページ

Felisi
Felisi
     Felisi(フェリージ)は、1973年にイタリアでアンナリサ・フェローニにより創業。創業以来、ベジタブルタンニンなめしのナチュラルレザーや上質なナイロンなど厳選された素材にこだわり続けています。
     1987年、日本のフィーゴ社が輸入契約を結び代理店となり京都に専門店をオープンしたことで、日本での知名度が一気に高まりました。現在はユナイテッドアローズの子会社になっており、セレクトショップでの取り扱いされています。豊富なカラーや素材のバリエーションが人気の一つです。

    452/1/A

    felisi 452/1/A
    • 伝統の製法で仕上げたバケッタレザー
    • 定番の人気モデル

    125/SI

    felisi 125/SI
    • サフィアーノの模様のエンボスレザー
    • 高い収納力

    447/SA

    felisi 447/SA
    • クロコ型押しエンボスレザー
    • 高い収納力

    出典:felisi

    参考価格帯:30,000円~319,000円
    原産国:イタリア
    ※商品詳細や最新モデルは、販売サイトおよび公式サイトにてご覧下さい。

    販売サイト公式ページ

L’arcobaleno
L'arcobaleno
     L’arcobaleno(ラルコバレーノ)は、イタリアを拠点とし活動するデザイナーと大手イタリアブランドの製品を手掛けるファクトリーブランドのコラボレーションで生まれたブランドです。デザイナーズブランドとしての個性と、ファクトリーブランドとしての確かな物作りへのこだわりを兼ね備えたブランドとして、今後も目が離せない注目のブランド。
     財布に使われているレザーは、フランスの老舗タンナー「アルラン社」の美しい発色と細やかな型押しのゴートレザー(山羊革)が中心。カラーバリエーション豊富で、お気に入りの一つが見つかると思います。

    二つ折りウォレット

    L'arcobaleno 二つ折り
    • 名門アルラン社のゴートレザー(山羊革)
    • 薄くて軽い定番モデル

    Tamponato ラウンドジップ

    L'arcobaleno Tamponato
    • 名門アルラン社のゴートレザー(山羊革)
    • 高級ジップ“エクセラ”を使用
    • 高い収納力

    エンベロップ型ロングウォレット

    L'arcobaleno エンベロップ
    • 名門アルラン社のゴートレザー(山羊革)
    • 高級ジップ“エクセラ”を使用
    • エンベロープ(封筒)をモチーフにしたスリムなデザイン

    出典:emme
    価格帯:26,000円~250,000円
    原産国:イタリア
    ※商品詳細や最新モデルは、販売サイトおよび公式サイトにてご覧下さい。

    販売サイト公式サイト

Faro
Faro
     Faro(ファーロ)は、1965年に創業した高級革製品を展開する日本のブランドです。最高品質と伝統的な日本の職人技術によって創り出された製品は、シンプルかつエレガント。代表作であるFIN-CALFシリーズは、「水染め」と「ベタ貼り」という熟練の職人技術により、薄さと強度を兼ね備えた財布です。
     セレクトショップや百貨店、BRIEFINGのオフィシャルサイトにて通信販売をしています。エキゾチックレザー以外の商品は、5万円以内で購入できるのも魅力の一つです。非常にシンプルで、薄くコンパクトなため、ビジネスマンの方にもおすすめです。

    ASTI2 FIN-CALF

    FARO ASTI2 FIN-CALF
    • 素材の薄さしなやかさを生かした上品なフォルム
    • 上質なカーフレザーを使用

    SPERIO FIN-CALF

    FARO SPERIO FIN-CALF
    • 素材の薄さしなやかさを生かした上品なフォルム
    • 上質なカーフレザーを使用

    SPERIO LIZARD

    FARO SPERIO LIZARD
    • 人気のリザード革
    • ファーロの代表作

    出典:BRIEFING

    参考価格帯:28,000円~242,000円
    原産国:日本
    ※商品詳細や最新モデルは、販売サイトおよび公式サイトにてご覧下さい。

    販売サイト公式ページ

憧れのラグジュラリーブランド4選

どうせ選ぶなら、他人と差をつけたい。

そんな方には、ワンランク上のラグジュアリーブランドがおすすめです。

価格帯はグッと上がりますが、きっと満足のいく逸品となるでしょう。

有名人の愛用者も多いハイブランドをご紹介します。

CAMILLE FOURNET
CAMILLE FOURNET
     CAMILLE FOURNET(カミーユ・フォルネ)は、1945年の創業したフランスのレザーブランド。ワニ革などの希少価値が高く入手が困難な上質なエキゾチックレザーを使用した財布が人気。また、腕時計の革ベルトも有名で、品質の高さからカルティエなどの名だたる時計ブランドが採用するレザーブランド。
     カーフスキンを型押しした「ヴォーグレネドーファン」や、内装にミシシッピ・アリゲーターを採用した贅沢な「VERSO(ヴェルソ)」も人気のシリーズとなっています。

    VERSO コンパクトウォレット

    CAMILLE FOURNET VERSO
    • VERSOシリーズ
    • 上質な牛革と高級エキゾチックのコンビネーション

    VERSO ロングジップウォレット

    CAMILLE FOURNET VERSO ロングジップウォレット
    • VERSOシリーズ
    • 上質な牛革と高級エキゾチックのコンビネーション

    ロングジップウォレット

    CAMILLE FOURNET ロングジップウォレット
    • 内側にトリヨン・マリーンを使用
    • 高い収納力

    出典:CAMILLE FOURNET

    参考価格帯:110,000円~410,800円
    原産国:フランス
    ※商品詳細や最新モデルは、販売サイトおよび公式サイトにてご覧下さい。

    販売サイト公式ページ

Valextra
Valextra
     Valextra(ヴァレクストラ)は、1937年ジョバンニ・フォンタナによって創業したイタリアの高級レザーブランド。シンプルで洗練された美しさと上質なレザーは、イタリアの”エルメス”とも称されています。
     ロゴのないシンプルなデザインの中、Vシェイプにカットされたデザインは職人により丁寧に施されたディテールであり、これが「ヴァレクストラ」の証となっています。

    二つ折り 4カード

    Valextra 二つ折り 4カード
    • 上質なグレインカーフスキン
    • 定番モデル

    パース

    Valextra パース
    • 上質なグレインカーフスキン
    • ジッパー付きの定番モデル

    ジップパース 12カード

    Valextra ジップパース 12カード
    • 上質なソフトカーフスキン
    • 豊富なカラーバリエーション
    • 高い収納力

    出典:Valextra

    参考価格帯:68,000円~175,000円
    原産国:イタリア
    ※商品詳細や最新モデルは、販売サイトおよび公式サイトにてご覧下さい。

    販売サイト公式ページ

MORABITO
MORABITO
     MORABITO(モラビト)は、1905年に宝飾職人だった「ジャン・バティスト・モラビト」によってフランスで誕生したブランド。宝飾の感性から生まれた製品は、世界の王侯貴族やVIPを魅了。現在も、最高の素材を使い、熟練した職人たちによってパリのアトリエで一つ一つ丁寧につくりあげています。
     マリリン・モンローが愛用したブランドとしても有名で、中でもクロコダイルのエキゾチックレザーを使用した製品の評価が高い。

    2つ折り財布

    MORABITO 2つ折り財布
    • シグニチャーライン
    • 職人によるハンドステッチメイド

    ブルーユニフォーム

    MORABITO ブルーユニフォーム
    • モージゼールカーフを使用
    • イタリアンメイドのスモールレザーシリーズ

    出典:MORABITO

    参考価格帯:121,000円~1,628,000円
    原産国:フランス(イタリア)
    ※商品詳細や最新モデルは、販売サイトおよび公式サイトにてご覧下さい。

    販売サイト公式ページ

HERMES
HERMES
     HERMES(エルメス)は、1837年にフランスのパリで馬具工房として創業。馬具製作の技術をもとに、鞄や財布などの皮革製品、さらには服飾品などの事業多角化に着手。創業以来、開発から生産、販売まで一貫して自社管理のもと、選びぬかれた職人の技術により高い商品価値とブランドイメージを確立したラグジュアリーブランドです。
     デザイナーには、マルタン・マルジェラ、ジャン=ポール・ゴルチエ、クリストフ・ルメールなどが就任。エルメスといえば「ケリー」や「バーキン」といったバッグが有名であるが、財布の人気も非常に高く「アザップ」や「べアン」、「ドゴン」はエルメスを代表するシンプルで定番な人気モデルとなっています。

    クリック12

    HERMES クリック 12
    • 高級型押し牛革ヴォー・エプソン使用
    • シルバープレーテッドパラディウム仕上げ

    ドゴン レクトヴェルソ

    HERMES ドゴン
    • 人気のDogon(ドゴン)シリーズ
    • 高級型押し牛革ヴォー・トーゴ使用
    • 高い収納力

    ベアン コンパクト

    HERMEMS ベアン コンパクト
    • 人気のBearn(ベアン)シリーズ
    • シェーヴル・ミゾール(ヤギ皮革)使用

    出典:Hermes

    参考価格帯:110,000円~1,925,000円
    原産国:フランス
    ※商品詳細や最新モデルは、販売サイトおよび公式サイトにてご覧下さい。

    販売サイト公式ページ

まとめ

以上、シンプルな大人向け(メンズ)おすすめブランドをご紹介しました。

皮革財布は、こだわればこだわるほど奥が深く、逆にどんどん悩んでしまうこともあると思います。

ご紹介した商品は、セレクトショップや百貨店で取り扱いがあるものもがほとんどです。

一度ご自身の手で触れてみて、直感的に気に入ったものを選ぶのもいいかもしれません。

こまめなお手入れを忘れずに、一生モノの財布としてエイジングを楽しみましょう。